Seesaaブログに、完全無料で独自ドメインを割り当てる





本記事は、
下に示すページの内容に
Seesaaブログに無料の独自ドメインを割り当てる
方法を追記したものです。

独自ドメインのブログを完全無料で開設する!!・・・Blogger編




無料のSeesaaブログに独自ドメインを割り当てる手順は、
次に示すように基本的にはBloggerの場合と違いはありません。

1) Seesaaブログを開設する
2) Dot TKでドメインを取得する
3) DNS(ドメインネームサーバー)を設定する
4) Seesaaブログにおいて、独自ドメイン設定を行う

本記事では、Seesaaブログの開設については示しません。
他の資料でお調べ下さい。

本記事は、PDFに清書してあります。
ご入り用の方は、こちら↓のページを訪れてみてください。

【無料で独自ドメイン Rev. 2.0】 独自ドメインのブログを完全無料で開設する!! 無料ブログでもAdSense申請できる?? – 無料レポート版




1 ドメインを取得する。

Seesaaブログにおけるドメインの取得は、
冒頭で紹介したページの下に示す節で示した手順と全く同じです。

2.2 Dot TKでドメインを取得する



ちなみに、Dot TKのURLは、次のとおりです。

http://www.dot.tk/ja/index.html



Bloggerと同じようにドメイン取得の段階では、
DNSの設定は以下に示すように仮の設定をします。

2.2 Dot TKでドメインを取得する図2.2-2で示した画面の
Use your new domain」において、
示すように仮のDNS設定を行い、ドメインの有効期間を選択します。
Use your new domain
Forward this domain to」を選択し、
テキストボックスにはSeesaaブログのURLを入力します。


seesaaowndomain_01



Registration length
ドメインの有効期間は、無料の場合1~12ヶ月の範囲で選択します。
1年以上の場合は、有料となります。




既にDot TKのアカウントがあるならば、
図1-1に示すようにログイン後開いた画面の
下部にあるメニュー「ServicesRegister a New Domain」からも
ドメインを取得することができます。


seesaaowndomain_02図1-1 新規ドメインの登録



図1-2の画面において、取得したいドメイン名を入力し、
Check Availability」をクリックして獲得可能なドメインかどうかを確認します。

無料で取得できるドメインのTLD(Top Level Domain)は、次の5つのみです。

.tk
.ml
.ga
.cf
.gq

seesaaowndomain_03図1-2 取得できるドメインかどうかのチェック



取得可能なドメインであれば、図1-3の画面が表示されます。
OKであれば、「Checkout」をクリックします。

ここで、「Select」ボタンで
他のTLD(Top Level Domain)に選択し直すこともできますし、
複数選択することもできます。

「Checkout」する時、必ず値段の確認を忘れずにしてください。

サンプルの図1-3では「USD 0.00」となっていますが、
ドメイン名によっては、有料、しかも安くはない金額となる場合がありますので、
気をつけてください。

seesaaowndomain_04図1-3 TLDの選択




図1-4に示す確認画面が表示されますので、
ドメインの有効期間を1~12ヶ月の範囲で選択し、OKであれば「Continue」をクリックします。

ドメインの有効期間が1年以上の場合は、有料になります。

ここで、Dot TK以外のDNSサーバーを使うよう選択することができますが、
本レポートではその方法の説明は省かせていただきます
Dot TK以外のDNSサーバー設定は、本記事の範囲を超えてしまいます)。

seesaaowndomain_05図1-4 取得ドメインの確認とDNSサーバーの選択




次に図1-5の画面が表示されます。
ここでは、利用者情報を入力して、「Complete Order」をクリックします。

seesaaowndomain_06図1-5 利用者情報の入力




ドメインの取得が完了すると、図1-6の画面が表示されます。

以上で、ドメインの取得は終わりです。

seesaaowndomain_07図1-6 ドメイン取得の完了




2 DNSを設定する

DNSレコード設定画面が開くまで、いくつかの画面を経由します。

まずは、その経路を示します。

まず、Dot TKログイン直後の画面から、
メニュー「ServicesMy Domains」を選択します。

seesaaowndomain_08図2-1 My Domainsの選択



図2-1に示すような画面が開きます。
開いた画面で、
DNS設定を行いたいドメインの右端にある「Manage Domain」をクリックします。

seesaaowndomain_09図2-2 My Domains



次に開いた画面で、
メニュー「Management Tools」から、「Nameservers」を選択します。

seesaaowndomain_10図2-3 ドメインの管理画面



Nameservers画面で、「Use default nameservers」を選択します。
初期状態は、「Use custom nameservers」が選択されています。

seesaaowndomain_11図2-4 Nameservers設定画面



次に、図2-5において、メニュー「Manage Freenom DNS」を選択します。

seesaaowndomain_12図2-5 ドメインの管理画面


やっとDNSレコードの設定画面に到着しました。

設定するのは、CNAMEの1レコードだけです。

表2-1に示す値の通りに設定します。

特にTargetカラムは、
どのブログであってもサブドメインを含んだ自分のSeesaaブログのURLではなく、
必ず「c.seesaa.net」を設定します


表2-1 DNSレコード設定表
seesaaowndomain_13


なお、Name欄の設定値はサブドメインの名前となります。
もし必要であれば、「www」などと入力します。

たとえば、取得したドメインが「example.tk」だったら、
この場合のドメインURLは、次のようになります。

www.example.tk

各カラムを入力し終えたら、
最後に「Save Changes」をクリックして、設定値をセーブします。

seesaaowndomain_14図2-6 DNSレコードの入力



以上で、DNSの設定は終わりです。



3 Seesaaブログで独自ドメインを設定する

Seesaaブログでは、
図3-1に示す設定画面において、まず「独自ドメイン」を選択します。

seesaaowndomain_15図3-1 Seesaaブログ設定画面



図3-2に示す画面が開きますので、
マッピングするドメイン名のFQDN」に取得した独自ドメインを設定します。

seesaaowndomain_16図3-2 Seesaaブログにおける独自ドメインの設定




独自ドメインの設定が反映されて、
独自ドメインにアクセスできるようになるまでは最大2日はかかります。

設定が反映されるまでは、
取得した独自ドメインのURLにアクセスしても図3-3のように
404 Not Found」エラーが表示されます。

seesaaowndomain_17図3-3 独自ドメインの設定が反映されるまで



実際には、1時間以内に設定が反映されているようです。
1時間経って独自ドメインのURLにアクセスしても、
図3-3のように表示されるようでしたら、設定を疑った方がよいのかもしれません。



以上




【参考図書】







スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top