【AdSense検索向け広告の設置】 すこしでも多くの収益を上げるために!!

スポンサーリンク



本記事は、
Google AdSense広告における、
検索向け広告ユニット」の設置についてお伝えするものです。

Google AdSenseの広告には、「コンテンツ向け広告ユニット」の他に、
リンクユニット」や「検索向け広告ユニット」などがあります。

コンテンツ向け広告ユニット」は利用しているものの、
その他の広告ユニットを利用されている方はそう多くはないでしょうか?

少しでも収益を上げるため、
コンテンツ向け広告ユニット」以外の広告ユニットも利用したいものです。

本記事では、そのうちの「検索向け広告ユニット」の設置方法を、
図入りで詳しくお伝えします。

検索向け広告ユニット」は、「Googleカスタム検索エンジン」そのものです。

したがって、「Googleカスタム検索エンジン」で説明していくことを、
予めご承知おきください。



【用語の表記について】
本記事では、
下に示す言葉について、文脈によって略記することがあることをお断りしておきます
(なんと、
用語の不統一、英文字の大文字・小文字の使い分け不統一の文章の多いことか!
本記事では、気付く限りそれらを避けるようにしています)。

AdSenseAdvSearchUnit_01



本記事は、PDFに清書してあります。
ご入り用の方は、こちら↓のページを訪れてみてください。

【AdSense検索向け広告の設置】 すこしでも多くの収益を上げるために!! – 無料レポート版



1 概要

Google AdSenseの「検索向け広告ユニット」は、
Googleカスタム検索エンジン」そのものです。

したがって、本記事では、
検索向け広告ユニット」を「Googleカスタム検索エンジン」に
置き換えて説明していきます。

本章では、
Googleカスタム検索エンジンがどんなものであるかを説明し、
Googleカスタム検索エンジンを利用するメリットを明らかにします。


1.1 Googleカスタム検索エンジンとは?

図1.1-1に示すような検索ボックスを見たことはありませんか?

AdSenseAdvSearchUnit_02
図1.1-1 Googleカスタム検索エンジンの検索ボックス


これは「Googleカスタム検索エンジン」と呼ばれるもので、
Googleが提供する検索エンジンなのです。

カスタマイズすることができ、自サイト内に設置することで、
下に示すどちらかの範囲で、
自サイトから直接Google検索ができるというものです。

・ 特定のウェブサイト内の検索(一つ以上)
・ ウェブ全体からの検索




そして、Google AdSenseと関連付けると、広告報酬を得られるようになります
カスタム検索エンジンは、
AdSenseと関連付けなくても、利用できるということです)。



Googleカスタム検索エンジン」を利用した広告は、
AdSenseでは「検索向け広告ユニット」と呼ばれています。



図1.1-2に、Googleカスタム検索エンジンの検索結果表示を例示します。

ちなみに、背景が、薄黄ボックスのところがAdSenseの広告です。

AdSenseAdvSearchUnit_03
図1.1-2 Googleカスタム検索エンジンの検索結果表示



1.2 Googleカスタム検索エンジン設置で受けるメリット

Googleカスタム検索エンジンを設置することで得られるメリットを、
下にまとめてみました。

(1)検索精度が高い

何より検索精度の高さが挙げられます。

WordPress標準の検索機能ですが、
こちらは単純に投稿順や五十音順での結果表示しかできません。

Googleカスタム検索エンジンであれば、元のGoogle検索エンジン同様、
関連性の高い順から表示してくれる機能を有しています。

検索する方からすれば、
見たい記事、訪れたいサイトを
より迅速にアクセスしやすくなるというメリットがあります。

また、検索結果の柔軟さも挙げられます。

WordPress標準の検索機能では、
たとえば「AdSense」で検索をかけた場合、「アドセンス」にはヒットしません。

Googleカスタム検索エンジンであれば、
検索語句が完全に一致しなくても、
類義語と頭字語まで自動的に検索対象に含めてくれます


(2)検索速度が早い

検索速度が、非常に高速です。

検索にだらだら時間が掛かるのは、それだけで結構ストレスものですよね。


(3)検索結果表示が、Google検索と同じ様式

検索結果表示が、Google検索と同じ様式です。
これは、利用者の方にとっても利用しやすいのではないでしょうか。

また、自分の投稿がどのように検索されて、
どのように表示されるのかを知ることができます。

タイトルの工夫も、紹介文章の修正も今後の検討材料として把握できます。

タイトルが長すぎる場合表示されないといったことも、
このような表示結果を見て初めて知ることもあるでしょう
(タイトル長の理想は、全角で32文字程度)。

このように、
検索結果をみてタイトルや紹介文を工夫する際の
参考になるといったメリットもあります。


(4)広告から収入を得られる

Google AdSenseと関連付けることで、
広告表示から報酬を得ることができます

通常の広告ユニットよりも表示回数はかなり少ないとは思いますが、
多少の広告報酬アップも図れるのではないかと思います。



2 Googleカスタム検索エンジンを作成する

Googleカスタム検索エンジンは、
次に示すページからでも作成することができます。

Googleカスタム検索エンジン

「次に示すページからでも」というのは、
多くの方はAdSenseの管理サイトから作成すると思われるからです。

本記事では、
AdSenseの管理サイトからGoogleカスタム検索エンジンを作成する方の方法を示します。

AdSenseの管理から作成するよりも、
Googleカスタム検索エンジンのサイトから作成した方が、
より細かい検索条件を設定することができます。

AdSenseの管理サイトからGoogleカスタム検索エンジンを作成して、
ウェブサイトに貼り付ける手順は、おおよそ以下のようになります。

(1) Google AdSenseにログイン
(2) Google AdSenseから「カスタム検索エンジン」を作成
(3) カスタム検索エンジンのコードをウェブサイトに貼り付ける
(4) CSSでスタイルを整える

(3)と(4)については、
WordPressの場合と、無料のSeesaaブログとの場合とで示します。


2.1 AdSenseにログイン

AdSenseカスタム検索エンジンを作成するには、
当然のことながらAdSenseアカウントが取得済みでなければなりません。

AdSenseアカウントの取得方法については、
検索などでお調べいただきたいと思います
(本記事の範囲外となりますので、
AdSenseアカウントの取得方法については示しません)。

まずは、下に示すURLにてAdSenseにログインします。

https://www.google.co.jp/intl/ja/adsense/start/

ログインできると、図2.1-1に示すような画面(ホーム画面)が開きます。

AdSenseAdvSearchUnit_04
図2.1-1 AdSenseトップページ



2.2 Googleカスタム検索エンジンの作成

この節では、カスタム検索エンジンの作成について示します。

2.2.1 カスタム検索エンジンの作成画面

まず、
AdSense管理のホーム画面のメニューバーから「広告の設定」を選択します。

AdSenseAdvSearchUnit_05
図2.2-2 広告の設定

図2.2-3示すような画面が表示されますので、
左のサイドメニューから「検索」を選択します。


AdSenseAdvSearchUnit_06
図2.2-3 広告ユニット

次に、図2.2-4示すように表示されますので、
新しいカスタム検索エンジン」ボタンをクリックします。

AdSenseAdvSearchUnit_07
図2.2-4 カスタム検索エンジン

クリックすると、図2.2-5示すような設定画面にページ遷移します。

AdSenseAdvSearchUnit_08
図2.2-5 カスタム検索エンジン設定ページ



2.2.2 基本設定

設定画面の各項目は、以下に説明するように入力します。

(1) 名前

後で簡単に見つけて設定を編集できるよう、
カスタム検索エンジンに覚えやすくわかりやすい名前をつけます。

AdSenseSearchUnit_30
図2.2-6 名前



(2) 検索の対象

検索の対象」では、ユーザーが検索可能なウェブサイトを選択します。

ウェブ上のすべてのサイトを検索できるように設定するか、
特定のウェブサイトのみを検索できるように設定することができます。

特定のウェブサイトのみを検索にする場合は、
図2.2-7に示すようにのように
選択するサイトのみ」を選択して、検索するウェブサイトのURLを入力します。

AdSenseSearchUnit_31
図2.2-7 検索の対象



(3) キーワード

キーワードは、検索エンジンの検索結果に
最も関連性の高い広告とページ表示する目的で使用されます。

通常のサイトの場合は、特にキーワードを設定する必要はないでしょう。

良いキーワードとは、
検索エンジンのトピックや宣伝するページのコンテンツを
説明する単語や短いフレーズです。



【参考サイト】

検索向けAdSense用のキーワードを追加する – AdSense ヘルプ



(4) セーフサーチ

セーフサーチでは、
アダルトサイトや性的なコンテンツを含むサイトを識別し、
検索結果に表示されないようにします。

フィルターが100%確実であることを保証することはできませんが、
GoogleのフィルターではGoogle独自の高度な技術を使用してキーワードやフレーズ、
URL、Open Directoryのカテゴリを確認しています。

アダルトサイト運営でない限り、
セーフサーチを使用する」をオンしておいた方が良いでしょう。


(5) 国または地域

カスタム検索エンジンの検索ボックスで検索する際に、
どの国のGoogle検索を使用するか選択指定します。

たとえば、
google.com、google.co.jp、google.frなどから
検索結果を表示することができます。

サイトの対象が日本人なら、「日本」にします。

AdSenseAdvSearchUnit_09
図2.2-8 国または地域



(6) サイトの言語

サイトの主要言語です。

主に日本語で書かれたサイトなら、「日本語」に設定します。

AdSenseAdvSearchUnit_10
図2.2-9 サイトの言語



(7) 文字変換

カスタム検索エンジンの設定で音訳を有効にした場合、
サイトの訪問ユーザーが別の言語のクエリを英語の発音で表現して入力すると、
そのクエリが意図した言語に変換して表示されます。

音訳を有効にした場合の設定です。
特に必要ないので、何も選択しません。

AdSenseAdvSearchUnit_11
図2.2-10 文字変換

詳しくは、【参考サイト】を参照してください。

なお、音訳設定は、AdSense管理サイトからはできません。
次のサイトから行うことができます。

Googleカスタム検索エンジン



【参考サイト】

文字変換 – カスタム検索 ヘルプ



(8) 人気クエリ

人気クエリを使用」にチェックを入れると、
アドセンス検索向け広告ユニットで検索された結果に応じて、
よく利用されるキーワードリンクのタグがデフォルトで10個表示されます。

表示数は変更することができます。

後からでも変更することができるので、
最初は検索実績がたまるまで、オフにしておいても良いかと思います。

設定を変更した場合は、後から新たなコードを貼り付ける必要があります。

AdSenseAdvSearchUnit_12
図2.2-11 人気クエリ



(9) カスタムチャネル

カスタムチャネルを使用すると、
希望の分類(サイズやページでの掲載時など)で
広告ユニットを組み合わせてまとめることができます。

これによりカスタムチャネルごとにパフォーマンスをトラッキングできるほか、
カスタムチャネルの設定で、
広告主が広告のターゲットとして指定出来る広告プレースメントにすることもできます。



よく理解できない文章ですよね。

要は、
カスタムチャネルを設定することで、
広告ごとのパフォーマンスを計測できるということを
言っています。

後からでも再設定できるので、作成時に必ず設定する必要はありません。

AdSenseAdvSearchUnit_13
図2.2-12 カスタムチャネル

詳しい方法は、【参考サイト】を参照してください。



【参考サイト】

参考カスタム チャネルで広告のパフォーマンスをトラッキングする – AdSense ヘルプ



(10) 検索ボックスのスタイル

表示される検索ボックスのデザインを選択します。

通常の白地のページの場合は、デフォルトの設定でOKかと思います。

AdSenseSearchUnit_13
図2.2-13 検索ボックスのスタイル



(11) 広告スタイル

広告のデザインを選択します。

AdSenseSearchUnit_14
図2.2-14 広告のスタイル

特にこだわりがない場合は、デフォルトのものを選択すると良いでしょう。

詳しくは、【参考サイト】を参照してください。



【参考サイト】

参考テキスト広告スタイルの作成、編集、適用 – AdSense ヘルプ



(12) カスタム検索

検索結果の表示方法を選択します。

新しいタブに検索結果を表示する場合は、
新しいウィンドウのGoogleページに表示」を選択します。

あとは、個別ロゴに関する設定です。
検索結果ページのデザインにも、こだわりたい場合は、ロゴなどを設定します。


AdSenseSearchUnit_15
図2.2-15 カスタム検索



(13) 設定の確定

最後に「保存してコードを取得」をクリックすれば、設定が保存され、
図2.2-17に示すよう「検索ボックスのコード」が表示されます。

AdSenseSearchUnit_16
図2.2-16 設定の確定



AdSenseSearchUnit_17
図2.2-17 検索ボックスのコード



3 検索ボックスのコードをウェブサイトに貼り付ける


3.1 検索ボックスのコード

ブログに設置する検索ボックスのコードは、
2.2.2 (13) 設定の確定図2.2-17
検索ボックスのコード」をコピーすることで取得します。

図2.2-17の表示は、次のようすれば、再度表示することができます。

ⅰ) AdSense管理ホームのメニューバーから「広告の設定検索」。

ⅱ) 開いた画面中、
名前」欄の該当するカスタム検索の「コードを取得」文字リンク
をクリックする。

図3.1-1 検索ボックスのコードの再表示


3.2 WordPressでサイドバーに貼り付けるには

検索ボックスを、
たとえばWordPressのサイドバーに貼り付けるには、以下に示すようにします。

ⅰ) 管理画面から「外観ウィジェット」を選択します。


ⅱ) テキストウィジェットを、表示したい位置にドラッグします。

AdSenseAdvSearchUnit_15
図3.1-2 WordPressのテキストウィジェット


ⅲ) 「3.1 検索ボックスのコード」でコピーしたコードを、
テキストウィジェットに貼り付けて保存します。

AdSenseSearchUnit_33
図3.1-3 WordPressのテキストウィジェットの内容



3.3 Seesaaブログのサイドバーに貼り付けるには

検索ボックスを、
たとえばSeesaaブログのサイドバーに貼り付けるには、
以下に示すようにします。

ⅰ) 管理画面から「デザイン→(PCタブ)コンテンツ」で、
図3.3-1に示すようなコンテンツ編集画面を開きます。

AdSenseAdvSearchUnit_17
図3.3-1 Seesaaブログ/コンテンツの編集


ⅱ)自由形式」ウィジェットを、表示したい位置にドラッグします。


ⅲ)3.1 検索ボックスのコード」でコピーしたコードを、
自由形式」ウィジェットに貼り付けて保存します。


AdSenseSearchUnit_35
図3.3-2 自由形式ウィジェット内容の編集



3.4 表示の調整

次の2つの節

3.2 WordPressでサイドバーに貼り付けるには」、
3.3 Seesaaブログのサイドバーに貼り付けるには

で説明した設定だけだと、
入力ボックスと検索ボタンが、上下段違いになってしまいます。

AdSenseAdvSearchUnit_19
図3.4-1 検索ボックスのデフォルト表示

これらを図3.4-2に示すように1列に表示したければ、
図3.4-3に示すCSSコードをスタイルシート(style.css)などに書き加えます。

うまくいかない場合は、CSSコードを適当に改造してみてください。

AdSenseAdvSearchUnit_20
図3.4-2 調整した検索ボックスの表示例


図3.4-3入力ボックスと検索ボタンとを1列に表示するCSSコード



Seesaaブログの場合は、以下の手順でCSS編集画面に到達します。

ⅰ) 管理画面から「デザイン→(PCタブ)デザイン設定」で、
デザイン設定画面を開く。

ⅱ) デザイン設定画面下方に、
現在適用されているデザインのテーマが一覧で表示されています。
そのなから、検索ボックスを設置したテーマを選択します。

AdSenseAdvSearchUnit_21

図3.4-4 Seesaaブログ/デザイン設定



以上で図3.4-5に示すような、CSS編集画面が開きます。

AdSenseAdvSearchUnit_22
図3.4-5 Seesaaブログ/CSS編集画面


以上




【参考図書】









スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top