メールアドレスのフォーマットについて

スポンサーリンク




メールアドレスに使える文字種や文字並びには、決まりがあります。

RFC

RFC 5321 (Simple Mail Transfer Protocol)と、
RFC 5322 (Internet Message Format)

という文書があり、メールアドレスに使用できる文字が定義されています
(読まれる必要はありません。 こういう文書があることだけを知っていただければ結構です)。

どこのプロバイダーやメールサービス業者であっても、
皆同じルールを守っていればなにも問題はありません。

ところが、
実際にはプロバイダーやメールサービス業者によって、微妙に違っています。

これによってメールが届かなかったり、
サービス申し込みが拒否されたりすることがあります。

特に、
無料レポートスタンドやメルマガ配信スタンドの
メールアドレスのフォーマットチェックには 怪しげなところがまま見つかり、
これによって適切にサービスが受けられない場合があります。

本記事では、メールアドレスに使われる文字種による問題を明らかにし、
サービスが受けられない事態を回避する方法をお伝えするものです。


1 メールアドレス・フォーマット

メールアドレスは、次の構文を持ちます。

ローカル部@ドメイン


【例】

foo@example.com

ローカル部の構成はメールサーバーの仕様によりますが、
ユーザー名であることが多いです。

ドメインはホスト名(ホストに割り当てられるドメイン名)であり、
メールサーバーを特定します。

例では、
example.comで特定されるメールサーバーに登録されている、
fooというユーザー」として扱われます。

なお、ドメインは、規約では次に示すようにIPアドレスを直接書くこともできます。

foo@[111.222.333.444]

日常使うことはありませんが、知っておいて無駄になることはありません。

ただし、
書式エラーのアドレスとしてこの記法を受け付けてくれないメールソフト
がかなりの数あります。

1.1 ローカル部に使用できる文字

ローカル部に使用できる文字は、以下のASCII文字です。

(1) 次のASCII文字をそのまま並べた形式

MailAddress_01

(2) さらに、“” “”でくくられたquoted-stringの形式であれば、
加えて次のASCII文字を使用できます。

MailAddress_02

(3) さらに、quoted-stringの中では、“¥”を前につけたquoted-pairの形式で
あれば、加えて次のASCII文字を使用できます。

MailAddress_03



たとえば、以下はRFCの規定において有効なメールアドレスです。

MailAddress_04



以下は無効なメールアドレスです。

MailAddress_05

ローカル部の長さの最大値は、64文字です。

実際には、プロバイダ側の設定や、
メールソフトの制約などでローカル部の長さの最大値を
20~30文字程度に制限している場合が多いです。


1.2 特別なメールアドレス

以下に示すメールアドレスは、用途が定まっているメールアドレスです。

メールサーバーでは必ず用意されることになっています。

Postmaster

メールシステムの管理者のメールアドレスとして使われます。

Nullアドレス(空のメールアドレス)

メール転送エージェント(MTA)は宛先の間違いなどで
電子メールを配送できない場合に、
その電子メールのreverse-path宛に配送不能を知らせるバウンスメールを配送します。

バウンスメールは、一般的にエラーメールやリターンメールと呼ばれています。

発信元メールアドレスには、次に示す“MAILER-DAEMON”が使われます。

MAILER-DAEMON

sendmail、Postfix、qmailなどのMTAは、
バウンスメールのFromフィールドに、
ローカル部に“MAILER-DAEMON”を使用したメールアドレスを使用します。

これらのメールアドレスは、
メールの送信に失敗した時、あなたも目にしたことがあるでしょう。

プロバイダのメールでもそうなんですが、
メルマガ配信スタンドを利用していると、
たまに“MAILER-DAEMON”、
または“Postmaster”からのメールを受信することがあります。


基本的には、英文です。
このメールは、SPAMではありません。

メールサーバーが、次に示す理由などにより
「あなたのメールを送信できませんでしたよ」と通知しているのです。

1. メールアドレスの誤りにより送信できなかった。
2. 送信先メールサーバーが見つからなかった。
3. 送信しようとしたメールが大きすぎる。
4. 受信先メールボックスが満杯である。

MAILER-DAEMON”、または“Postmaster”からメールを受信した時、
あなたがとるべき対応は、
メール本文にもとづいてまず原因を調べ、

場合によってはエラーとなった送信先メールアドレスを
メルマガ配信リストから削除することです。


【エラーメールの例】
MailAddress_06


2 Gmailの別名アドレス

Gmailのメールアドレスには、記法はRFC規約に違反していないものの、
いくつかの書き方が、
ひとつのメールアドレスとして処理されない次の特別なルールがあります。

1. ユーザー名+任意の文字列
2. ドット(ピリオド)の有る無し

(1)ユーザー名+任意の文字列

Gmailに登録したローカル部の後に
+」を付けた上で任意の文字列を付け加えたものも使用することができます。

たとえば、
メールアドレスが「username@gmail.com」だった場合、
「username+任意の文字列@gmail.com」のようなメールアドレスも使用できます。

具体的には次のようなメールアドレスです。

username+job@gmail.com
username+present@gmail.com
username+question@gmail.com

あくまで元になっているメールアドレスの別名ですので、
これらのメールアドレス宛てに届いたメールは
全て「username@gmail.com」に届きます。

ここで問題となってくるのが、
ローカル部に「+」があると
正当なメールアドレスとして受け付けてくれないサービスがあるということです。

メルマガ配信スタンドの中にも、
「+」があるメールアドレスを正当なメールアドレスとして受け付けてくれないことがあります。

対処法としては、
ここで述べたことをご理解されれば自ずとでてくるかと思います
(本記事では、具体例を示しません。
いくつか方法があり、どの方法を選ばれるのかは、あなたの判断次第です)。


(2)ドット(ピリオド)の有る無し

Gmailに登録したローカル部について、
ドット(ピリオド)の有る無しが違うだけのメールアドレスは
同一として扱われます。

たとえば「username@gmail.com」だった場合、
「user.name@gmail.com」など
次に示すメールアドレスは全て同じメールアドレスとして扱われます。

username@gmai.com
user.name@gmai.com
user.na.me@gmai.com
u.s.e.r.n.a.m.e@gmai.com

ただし、ドットは連続して使ったり@の直前には使用できません。
次のようなメールアドレスは使用できません。

× user..name@gmai.com
× username.@gmai.com

このルールは、RFCの規約通りです。

で、問題となっているのが某無料レポート配信スタンドなのです。
今(2016年06月13日)は修正されたのかどうかは確認していません。

この無料レポートスタンドは、
NGフォーマットのメールアドレスを正当なアドレスとして受け付けてしまうのです

ご本人には、無料レポートダウンロードURL通知のメールはきちんと届く
(本来であれば、
Gmailのメールサーバーは、メールアドレス書式エラーとして、
無料レポート配信スタンドにエラーメールを送らなければなりません)。

でも、無料レポート作成者は、
この読者のメールアドレスが不正な故メルマガ配信スタンドに登録できません。

対処法としては、先に述べた「(1)」に同じです。


3 メールアドレス記法に関係する問題

2 Gmailの別名アドレス」で示した以外の
メールアドレス書式に関するトラブルには、次のようなものあります。

(1) ローカル部にラテン大文字を使った場合
(2) 「!#$%&’*+-/=?^_`.{|}~@example.com」のような特殊記号を使った場合

(1)ローカル部にラテン大文字を使った場合

ある会社の一つのサービスでは、
大文字で入力しても全て小文字扱いとして処理される
(返信も元の大文字を含む場合もあり、全て小文字に変換される場合がある)。

その会社の別のサービスでは大小区別して処理される。

このため、意図しないのに、
複数のメールアドレスとして処理されるようになってしまった。

一つのアカウントの統一しようにも、
大文字小文字入り交じりのアカウントの方を削除できない、
なんていうことを経験したことがあります。


(2)特殊記号を使った場合

本来であれば使っても差し支えない文字なのですが、
受け付けてくれないサービスが多いように感じています。

でも、この場合では、
サービスを受けられていない訳ですから、
サービスを受ける上でのトラブル発生までにはいたりませんでした。


4 メールアドレス取得に関する結論

メールがどのアドレスに対してもきちんと送受信できる、
またネットサービスを受けられるようにするには、
メールアドレスを作成する時、
下に示すことに留意しておけば後々問題が発生することが少なくなります。

1. ラテン大文字(アルファベット大文字)は使用しない。
2. ドット(ピリオド)は、基本的には使用しない。
3. 特殊記号は、使用しない。
4. ローカル部の長さは、64文字以内にする
(現状では、この長さまで設定できるプロバイダは無いと思います)。



以上



【参考図書】




スポンサーリンク

[br num=”2″

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ

Top