【Googleアナリティクス】サイト訪問者が、どんなきっかけで来てくれたのかを知る方法

スポンサーリンク



下に示すようにいろんな媒体を使っている場合、
どの媒体の紹介から自分のサイトに訪れて来てくれたのかって結構気になりますよね。

・ 検索
・ メルマガ
・ インターネット広告
・ 無料レポート

これらを知るようになれば、
サイトの改善や、メルマガ記事の改善に役立てることができるようになります。

ひいては、サイトの訪問者が増え、メルマガの読者も増えることになるでしょう。

サイト訪問者の流入経路を知ることができる有効なツールのひとつに
Googleアナリティクスがあります。

無料で導入も難しくはないのですが、

・ レポートの見方がいまいちわからない!
・ 欲しい情報をどうやって見たらいいのかがわからない!

などと、有効に利用されていない、
ただのかざりになっているケースが多いのではないでしょうか?

そんな初心者の方に、
プロみたい!、って呼ばれるくらいの利用法をお伝えします。

もちろん、難しい設定は無し!!

本記事に書いてある通りに使えば良いのです。

本記事の通りにすれば、こんなことがわかるようになります。

1. 訪問者は、どんな経路から来てくれたのか
2. 訪問者は、どのページに興味を持ったのか
3. どんなことがきっかけで来てくれたのか



本記事が、みなさま、特にネットビジネス初心者の方のお役にたてればうれしく思います。



本記事は、下に示す無料レポートを元に作成しています。

清書版PDFをご入り用の方は、こちら↓を訪れてみてください。

【初心者のためのアナリティクス】 サイト訪問者が、どんなきっかけで来たのか、どこから来たのか、どの記事に興味をもったのかが解析できる、Googleアナリティクスの使い方をお伝えします。




第1章 概要

 

本記事は、
Googleアナリティクスで次のようなことがわかるようになる方法を説明したものです。

1.  訪問者は、どんな経路から来てくれたのか
2. 訪問者は、ページのどこに興味を持ったのか
3. どんなことがきっかけで来訪してくれた



なお本記事では、Googleアナリティクスの導入については触れていません。
下に示すページの「5.1  Googleアナリティクス」をご覧いただくようお願いします。

サイト・アクセス解析 Google AnalyticsをSeeSaaブログで利用する Rev. 1.00

個人的には、
HTMLにGoogleアナリティス・トラッキングコードを埋め込む方式よりは、
Googleタグマネージャを導入して
Googleアナリティクスを利用することを強くオススメします

Googleタグマネージャー/第2章 Googleタグマネージャーの導入


また、基本的な操作については、
次のページの「3 基本的な使い方」を参考にしていただければと思います。

『Googleアナリティクス活用方』 サイトの問題点が一発でわかる Googleアナリティクス活用方をあますことなくお伝えします。 Rev. 1.00



第2章 標準レポート


第1節 訪問者はどの経路から?

ホームページを訪れてくれた流入経路は、
チャネルレポートで知ることができます。

デフォルトでは、表2.1-1に示す経路が表示されます。

(1)デフォルト チャネル グループ(Default Channel Grouping)

表2.1-1 チャネル・グループ
Analitics4Beginner_

【備考】
※1: 検索キーワードを知ることができます。
検索キーワードの表示については、
第2章第3節 どんなことがきっかけで来訪してくれた?」で説明します。

※2: Emailからの訪問を知るには、仕掛けが必要です。
仕掛けについては、
第2章第1節(4) メルマガや無料レポートの紹介からの訪問であることを知るには
で説明します。



チャネルグループは、

集客すべてのトラフィックチャネル

で表示できます。


Analitics4Beginner_02
図2.1-1 デフォルト チャネル グループ


セカンダリディメンションを選択することにより、
表示されるチャネル情報の範囲を絞ることができます。

Analitics4Beginner_03
図2.1-2 セカンダリ ディメンション



(2)参照元/メディア

参照元/メディア」は、
参照元とメディアという 2 つのディメンションを合わせたディメンションです。

参照元/メディアは、たとえば

google/organic、
example.com/referral、
newsletter9-2014/email

のようになります。

具体例は、図2.1-3をご覧ください。

次のよう、参照元/メディアのレポートページを開きます。

集客すべてのトラフィック参照元/メディア

Analitics4Beginner_04
図2.1-3 参照元 / メディア

【備考】

FreeReport 無料レポートのブログ紹介からの訪問です。
これを表示させるには、仕掛けが必要です。

MailMag メルマガのブログ紹介からの訪問です。
これを表示させるには、仕掛けが必要です。




図2.1-3の参照元./メディアにおける、
”FreeReport”は無料レポート、”MailMag”はメルマガ
を示しています。

このようなチャネルの表示は仕掛けが必要です。
仕掛けをしておかないと、この表示はでません。

この方法については、
第2章第1節(4) メルマガや無料レポートの紹介からの訪問であることを知るには
で説明します。


(3)参照サイト

参照サイト」については、特に説明は必要ないでしょう。
どのサイトから来訪されたのかの集計表示です。

Analitics4Beginner_05
図2.1-4 参照サイト



(4)メルマガや無料レポートの紹介からの訪問であることを知るには

無料レポート(Free Report)やメルマガ(MailMag)のチャネルは、
どうやって作るのでしょうか?

この仕掛けはサイト内のHTMLに仕掛けるといったことではなく、
サイトへ誘導する参照元の方に仕掛けます。

したがって、初心者の方にとっても超安全です。
だって、壊れるものは何もありません。

間違えれば、計測されないだけなのですもの。

ⅰ) 無料レポートチャネル
たとえば、無料レポートに、次のような自分のブログへの紹介リンクを貼るとします。

http://tohoho-1st-mailmag.seesaa.net/

このリンクに、下に赤字で示したようなURLパラメータを付加するのです。

http://tohoho-1st-mailmag.seesaa.net/?utm_source=FreeReport&utm_medium=ebook&utm_campaign=ReportTitle

次のトークンについては、Googleアナリティクスで定義されているものです。
文字列および用途を勝手に変更することはできません。

utm_source
utm_medium
utm_campain

黄色網かけの文字列が利用者定義のトークンで、
利用者が自由に定義するものです。

先程の”FreeReport”や”MailMag”のチャネルは、
ここで定義したものなのです。

utm_sourceは、
キャンペーンの参照元で、検索エンジンやニュースレター名などの参照元を指定します、

utm_mediumは、
キャンペーンのメディアで、メールや CPC広告などのメディアを指定します。

utm_campainは、
キャンペーン名で、特定商品のプロモーション キャンペーンや
戦略的キャンペーンを識別するのに使います。

サンプルの”ReportTitle”は、無料レポートの仮のタイトル名を示してみました。

GoogleアナリティクスのURLパラメータの詳細については、
第4章 URLパラメータ」をご参照ください。


ⅱ) メルマガチャネル
メルマガチャネルも、無料レポートチャネルと同様です。

http://tohoho-1st-mailmag.seesaa.net/?utm_source=MailMag&utm_medium=email&utm_campaign=regular

無料レポートの場合の
キャンペーンの参照元を”MailMag”、
キャンペーンのメディアを”email”に書き換え、
メルマガに貼るだけなのです。


なお、URLパラメータを付加するとURLが長くなりますし、
また付加した語からブログ訪問者に意図を探られてしまうこともあり
いいことではありません。

実際には、URLをそのまま貼り付けるのではなくURL短縮して、
元の情報をなるべく知られないようにします。


第2節 訪問者はどの記事に興味をもったんだろう?

イベントの計測とは、訪問者の次のような行動を計測するものです。
・ボタンのクリック
・画像のクリック
・PDFなどのファイルのダウンロード

イベントとは早い話が、来訪者がサイトでどんな行動をしたかということです。

リンクや画像をクリックすることが、イベントになります。

Googleアナリティクスでは、サイト内リンクのクリックを内部イベント、
サイト外リンクへのクリックを外部イベントとしています。

内部イベントについては、特に設定を必要とせず、初期状態のままでも見られます。
外部イベントについては、仕掛けを組み込まなければ集計表示されません。

(1)内部イベント

内部イベントのレポートは、次のように見ます。

行動ページ解析

で「ページ解析」のレポートページを開きます。

図2.2-1に示すページが開いた場合には、
赤枠で囲った「こちらをクリック」をクリックして下さい。

そうすれば、図2.2-2に示すような計測のページが開きます。

Analitics4Beginner_06
図2.2-1 内部イベントその一

オレンジのバルーンで指し示しているのが、クリックのあった内部リンクです。

バルーンが表示されていないリンクは、クリック数ゼロですね。



Analitics4Beginner_07

図2.2-2 内部イベントその二

個々のリンクのクリック数を確認するには、見たいリンクにカーソルを置き、
右クリックします。

そうすれば、図2.2-3の赤枠で囲った部分のように表示されます。

図2.2-3では、「ブックマークする」が47回クリックされたということですね。

Analitics4Beginner_08
図2.2-3 内部リンクのクリック



(2)外部イベント

ブログやホームページ内にある、次のリンクのクリック数なんかも計測したいですよね。

・ 外部URLへのリンク
・ 画像のクリック
・ PDFなどのファイルのダウンロード

何も設定しなければ、これらは計測されることはありません。

ⅰ) 外部イベントレポート
こんなものが見られます。

イベントカテゴリ イベントの大分類
イベントアクション 訪問者の行動
イベントラベル イベントの小分類
イベントの発生したページ イベントの発生したページ

 

外部イベントは、「行動イベント」のカテゴリで見られます。

外部イベントを計測するには、
イベントトラッキングというスクリプトを計測する箇所のHTMLタグ
に埋め込みます。

説明の言葉を難しいと感じられたかもしれませんが、
本レポートが例示する通りにすれば何も難しいことはありません。

イベントトラッキングについては、本項の「ⅱ) イベントトラッキング」で
説明します。


【イベントカテゴリ】
イベントカテゴリは、イベントの大分類です。

図3.2-4では、
”mailzou”、”figure”、”FreeReport”が表示されていますが、
これらはアナリティクス利用者が定義するものです。

イベントトラッキングで設定します。

Analitics4Beginner_09
図3.2-4 イベント/イベントカテゴリ

【参考】

・mailzou  メルぞう無料レポート・ダンロードへの案内に関するイベント
・figure  サイト内の図に関するイベント
・FreeReport  サイトの無料レポートPDFファイルに関するイベント



【イベントアクション】
イベントアクションとは、訪問者がどんな行動をとったのかのことをいいます。

下の図では、次の2つのアクションを集計しています。

・ Download ファイルのダウンロード
・ click 外部リンクや図のクリック

これらも、イベントトラッキングで、アナリティクス利用者が定義します。

Analitics4Beginner_10
図3.2-5 イベント/イベントアクション

【参考】

・Download  ダウンロードされた
・click  クリックされた



【イベントラベル】
イベントラベルは、
たくさん設定したイベントトラッキングの個々のイベントを識別するものです。

これらも、イベントトラッキングで、アナリティクス利用者が定義します。

Analitics4Beginner_11
図3.2-6 イベント/イベントラベル



【イベントフロー】
イベントフローは、イベントがどんなふうに連続しているかを示す図です。

たとえば、
ページ内にある案内図をクリックした後、
ファイルをダウンロードしたなんていう一連の流れが表示されます。

イベントフローを見るのに、特別な仕掛けを用意する必要はありません。
もちろん、イベント発生を計測できるようになっている箇所が数カ所なければなりませんが。

Analitics4Beginner_12
図3.2-7 イベントフロー




ⅱ) イベントトラッキング
外部リンクへのクリックを計測するには、
Googleアナリティクスのイベントトラッキングという機能を使います。

イベントトラッキングを行うためには、
通常のGoogleアナリティクスのトラッキングコードを変更するのではなく、
ユーザーの行為を計測したい部分に該当するHTMLを修正
することが必要になってきます。

HTMLの修正と聞いてしり込みされる方もいらっしゃるかと思いますが、
何も心配することはありません。

本レポートの通りにHTMLを修正するだけでよいのです。
修正といっても、HTMLのコードにイベントトラッキングのコードを追加するだけなのです。

なお、追加するイベントトラッキングのコードは、
Universal Analyticsと標準のAnalyticsとでは異なっています。

Universal Analyticsの場合は非同期コード、
標準のAnalyticsの場合は同期コードを書かなければならないことになっています。

でも、
最近導入されるアナリティクスはUniversal Analyticsとなっているので、
本レポートではUniversal Analyticsの非同期コードで例示します。

標準のAnalyticsを使われている方は、
本記事を読むまでもない習熟された方が多いのではないかと思いますので、
本記事では省略させていただきます。

ご自分が導入されているアナリティクスが、
Universal Analyticsなのか標準のAnalyticsなのか
どちらが導入されているかは、下のサイトが示すようにして確認してください。

ユニバーサル アナリティクスを使用しているかどうかを確認する | アナリティクスヘルプ



● 外部リンク・クリックの計測
計測する外部リンクのHTMLコードを、下に示すように書き換えます。

Analitics4Beginner_13



● 画像クリックの計測
画像表示のHTMLコードを、下に示すように書き換えます。

Analitics4Beginner_14

イベントトラッキングパラメータの用途は、表2.2-1のようです。

表2.2-1 イベントトラッキングのパラメータ
Analitics4Beginner_15

イベントトラッキングの詳細については、次のサイトをご参照ください。

Event Tracking – Web Tracking (ga.js) | Google Developers



第3節 どんなことがきっかけで来訪してくれた?

来訪者が検索エンジンの結果で訪れて来てくれた時、
Googleアナリティクスではその検索キーワードをいくつか知ることができます。

検索キーワードのレポートは、次の手順で開きます。

集客キャンペーンオーガニック検索

Analitics4Beginner_16
図2.3-1 オーガニック検索

先の操作でたいていの場合、キーワード上位にくるのが
(not provided)です。

2015年2月現在のGoogleでは、
検索結果からホームページにアクセスされたとき、
そのきっかけとなった検索キーワードを計測できないようになっています。

そのとき、Googleアナリティクスに記録される代替キーワードが(not provided)です。

これはプライバシーに配慮した措置ですので、残念ながら知ることはできません。

しかし、
ウェブマスターツールをあわせて使えば、かなりの検索キーワードがわかります。

ウェブマスターツールは、
そもそもホームページに訪れる前の状態を記録してあるため、
どんな検索キーワードであなたのホームページが掲載されたのかを教えてくるのです。

ウェブマスターツールについては、下に示すサイトをご参照ください。

Google Search Console

 

Google以外のYahoo!などの検索エンジンでは、
使用されたキーワードが表示されます。

似たようなフレーズは他にもあり、集客で見られます.

(none)は流入元不明、(not set)は
キーワードがそもそも何もセットされていないを表します。


第4章 URLパラメータ

URLパラメータは、URLクエリパラメータと呼ばれることもあります。

GoogleアナリティクスでアクセスのあったURLの計測のために
語尾に追加するパラメータで、現在下に示すものが定義されています。

URL 生成ツール | アナリティクス ヘルプ

本記事で示している解析を実現するには、
このURLパラメータを有効につかわなければなりません。

表4-1 URLパラメータ
Analitics4Beginner_17


以上



【参考図書】




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ

Top