無料レポートやメルマガの記事で、説明用のIPアドレスやドメイン名は何を使うべきか(備忘録)?

無料レポートやメルマガなどの記事で、

・IPアドレス
・ドメイン名

などを例示して説明したい時ってありますよね。

あなたは、どうされていますか?

うっかり実在のIPアドレスやドメイン名を使ってしまうと、
その持ち主の方に迷惑をかけてしまうかもしれません。

かといって、
自分の持ちアドレスを公開してしまうのも、
スパムを招きかねず躊躇しちゃいます。

実は、こうしたアドレスは、
公開ドキュメント用にダミーのものが定義されている
とのこと。

『RFC(Request For Comment)』といって、
インターネットに関する技術の標準を定める団体である
IETF(Internet Engineering Task Force)が正式に発行する文書で
こうしたことが定められています。

参考: Request for Comments (RFC)




それらの一部を、下に示します。

これで、
無用なトラブルを避けるために
ダミーアドレスをどうすべきか
悩む時間を無くすことができます。

【IPv4アドレス】

[RFC5737] IPv4 Address Blocks Reserved for Documentation

で定義されており、
下に示すものが文書用の「IPv4アドレス」として
リザーブされています。

192.0.2.0/24 (TEST-NET-1)
198.51.100.0/24 (TEST-NET-2)
203.0.113.0/24 (TEST-NET-3)


【IPv6アドレス】

[RFC3849] IPv6 Address Prefix Reserved for Documentation

で定義されており、
下に示すものが文書用の「IPv6アドレス」として
リザーブされています。

2001:db8::/32


【ドメイン名】

[RFC6761] Special-Use Domain Names

で定義されています。

TLDとしては

.test
.localhost
.invalid
.example

セカンドレベルドメインとしては

example.com.
example.net.
example.org.

があります。

さらに、RFCにはなっていませんがJPドメインでは

例示に使用可能なドメイン名はありませんか?

に記載があるように

example.jp
example.co.jp
example.ne.jp

と、
それぞれの example の後ろに
一桁の数字を付与したドメインもOKです。

例:

xample1.jp
example2.co.jp
example3.ne.jp

さらには日本語ドメインにも例示用に、
”ドメイン名例.JP” が用意されているとのことです。

XN-ECKWD4C7CU47R2WF.JP  (「ドメイン名例.JP」のpunycode表記)


【AS番号】

[RFC5398] Autonomous System (AS) Number Reservation for Documentation Use

で定義されています。

AS番号(Autonomous System number)は、
ガラケーやスマホのインターネット接続先である
アクセスポイントのアドレスとして使用されています。

キャリアの携帯電話には設定済みなので、
一般の方はあまり見ることがないと思いますが、

格安SIMではお目にかかるのかもしれません。

64496 から 64511
16ビット AS(2バイト AS)
65536 から 65551
32ビットAS(4バイトAS)


【MACアドレス】

[RFC7042] IANA Considerations and IETF Protocol and Documentation Usage
for IEEE 802 Parameters

に定義があります。

MACアドレスは、
一般の方には殆どかかわりのないものでしょう。

自宅サーバーを立てている方には、
パケット転送設定などで縁があるのかも
しれません。

00-00-5E は、IANAにアサインされたOUIで、
このレンジから、ドキュメント用のMACアドレスなどが定義されています。

◇ EUI-48 Documentaiton Values

00-00-5E-00-53-00 から 00-00-5E-00-53-FF まで unicast として
01-00-5E-90-10-00 から 01-00-5E-90-10-FF まで multicastとして

◇ EUI-64 Documentation Values

02-00-5E-10-00-00-00-00 から 20-00-5E-10-00-00-00-FF まで




なお、これらの値を実際の機器に設定することはお勧めしません。

意図的にフィルタリングなどなされていることもあり、
思わぬ不具合を招く可能性があります。


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ

Top