Apacheの”.htaccess”設定にも利用できるDDNSサービス

1 DDNSとは?

DDNS(ダイナミックDNS)サービスとは、

一般家庭のPCのように

「グローバルIPアドレス」が一定周期で切り替わっていても、
固定化されている「ホスト(ドメイン)名」

に、その都度(切り替わる度に)対応させることができるサービスです。

たとえば、
「xxx.mydns.jp」のような自分だけの「ホスト名(ドメイン名)」を
持っていたとします。

自宅PCのIPアドレスが一定周期で変更されても、
変更されたIPアドレスを「xxx.mydns.jp」に紐づける事で、

外部から見たら、自宅PCのIPアドレスが変更された事など関係なく、
「xxx.mydns.jp」にアクセスすれば
自宅PCに繋がるように利用できるようになります。

01_ddns

【図出典】

ダイナミックDNSサービス

図1-1 ダイナミックDNS



DDNSでは、ホスト(ドメイン)名に対するIPアドレスを、
いつでも自由に変更できるようになっています。

DDNSサービスは、無料で提供しているところがいくつもありますので、
「固定IPを取得する方法」に比べて、
お金が掛からないのもメリットの一つです。

ただし、自宅PCのIPアドレスが変更されるたびに、
毎回そのIPアドレスを「xxx.mydns.jp」に紐付けてやる作業が必要になります。

作業自体は、
DDNSサービスを提供しているところの管理画面(Webサイト)にアクセスして、
IPアドレスを変更するだけで簡単なのですが、
これを毎回やるとなると、非常に手間になります。

この作業を自動化してくれるツールも存在しています。
よく知られているのがDiCEというツールです。

本記事では、
下に示す『MyDNS』というDDNSサービスの利用の仕方についてと、
DiCEというツールの使い方についてご紹介します。

02_ddns
図1-2 MyDNS.JP


2 『MyDNS』の特徴と利用手順

2.1 『MyDNS』の特徴

『MyDNS」の特徴を、2-1に整理しました。

表2-1  MyDNSの特徴
03_DDNS


2.2 『MyDNS』の登録

まず、「MyDNS.JP」のトップページにアクセスします。

04_ddns
図2.2-1 MyDNS.JPのトップページ上部

上部のメニューから「JOIN US」をクリックします。

05_ddns
図2.2-2 MyDNS.JPトップページのメニュー



図2.2-3に示すアカウント登録ページが開きますので、
こちらを入力していってください。

子IDの数」については、
自宅のPCのみ「固定化されたホスト(ドメイン)名」に対応させる場合は、
0」のままで良いです。

全て入力できたら「CHECK」ボタンを押します。

06_ddns
図2.2-3 アカウント登録



図2.2-4に示す確認画面が開きますので、
大丈夫であれば「OK」ボタンをクリックします。

07_ddns
図2.2-4 登録確認
これで登録完了です。



登録が完了したら、図2.2-5に示す
「IDやパスワード」が記載されたメールが届きます。

08_ddns
図2.2-5 MyDNS.JP登録完了メール



2.3 『MyDNS』の利用

(1)ドメイン名の取得

MyDNS.JP」のサイトにログインすると、
図2.3-1に示す登録者専用のメニューが表示されます。

次は、固定化する「ホスト(ドメイン)名」を設定していきます。
まず、「DOMAIN INFO」をクリックします。

09_ddns
図2.3-1 登録者用管理メニュー(ドメイン選択)



図2.3-2のドメインの設定画面が開き、
無料で使える「ドメイン一覧」が表示されてます。

09_ddnsa
図2.3-2 ドメイン選択



下にスクロールしていくと、
図2.3-3のように「取得するドメインの設定欄」が表示されます。

入力必須項目は、
Domain(FQDN)」と「Hostname」「Type」(赤線部分)です。

10_ddns
図2.3-3 取得するドメインの設定



表2.3-1に、設定項目の説明を示します。

表2.3-1 ドメイン設定項目
11_ddns



各項目を入力できたら「CHECK」ボタンをクリックします。
図2.3-4のように確認画面が表示されますので、
OK」ボタンをクリックします。

12_ddns
図2.3-4 設定ドメイン確認



図2.3-5に示す画面が表示されたら、ドメイン設定は完了です。

13_ddns
図2.3-5 ドメイン設定完了表示


(2)IPアドレスの紐付け

次に、設定したドメインに対して、自宅PCのIPアドレスを紐付けてやります。
MyDNS.JP」の管理メニューから「IP ADDR DIRECT」をクリックします。

14_ddns
図2.3-6 登録者用管理メニュー(IPアドレス設定)



図2.3-7のように設定画面が開きます。

IPv4 Address」の部分に、
自分のPCのグローバルIPアドレスを入力してください。

15_ddns
図2.3-7 IPアドレス設定



入力できたら、「CHECK」ボタンをクリックします。

16_ddns図2.3-8 IPアドレス設定確認



これで、IPアドレスの設定は完了です。

17_ddns
図2.3-9 IPアドレス設定完了



以上で、自宅PCを固定化された「ホスト(ドメイン)名」に対応させる手順は終了です。


3 『DiCE』を利用して、IPアドレス更新作業を自動化する

3.1 『DiCE』の取得

DiCEは、DDNSサービスにIPアドレスを自動登録するソフトです。

DDNSサービスは、
IPアドレスが動的に変わる一般家庭のインターネット接続環境でも、
ドメイン名をもてるのが特長ですが、
IPアドレスが変わるたびに
登録ページにアクセスして新しいIPアドレスを登録し直さなければなりません。

DiCEは、
この面倒なIPアドレスの登録し直しを自動的に行ってくれるツールなのです。

DiCEは、下に示すURLのサイトからダウンロードすることができます。

自宅でインターネットサーバーを立ち上げよう

DiCEのサイトを開くと、図3.1-1のような画面が開きます。

18_ddns
図3.1-1 DiCEトップページ上部



画面下方に、「Download Now!!」と表記された箇所があります。
そこで「DiCE」のインストーラをダンロードすることができます。

19_ddns
図3.1-2 DiCEダウンロードメニュー


3.2 『DiCE』の設定

インストールが終わると、DiCEが開きます。
開いたら、メニューの「イベント」から「追加」を選択します。

20_ddns
図3.2-1 イベントの追加


イベントの編集」画面が表示されたら、
下図の赤線赤枠部分を入力していきます。

入力が終わったら「保存」ボタンをクリックしてください。

21_ddns
図3.2-2 イベントの編集



表3.2-1 イベントの設定項目
22_ddns



イベントの編集」が完了すると、
DiCEのトップ画面にイベントとして項目追加されます。

23_ddns
図3.2-3 イベントの実行



項目名を右クリックして「今すぐ実行」をクリックすると、
項目名の横にチェックマークが付きます。
これは正常に更新されたことを示しています。

24_ddns
図3.2-4 イベントの実行状態



ちなみに、「×マーク」が付いた場合は、
何かしら先ほど設定した情報に問題があり、
更新されなかったことを示します。



以上で、DiCEの設定に関しては終わりです。



これで、先ほど指定したタイミングに、
自動で「IPアドレスの更新作業」をおこなってくれます。



スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ

Top