【ブログエディタ: ScribeFire】ブログ記事は、ブログに直接入力編集ですか? ブログエディタを使えば、もっと楽に入力編集できますよ!

ブログを書くのは手軽、と言われていますが、
続けてみると意外と手間がかかる作業なのがわかります。

ブラウザを立ち上げて、
管理画面にログインして文章を書いてポストする。

簡単なように思えますが、
面倒に感じ始めるととんとアクセスしなくなってそのまま放置しまいがちです。

もっと手軽に、更新もシンプルに、
テキストエディタで編集するように記事が書けるたらどうでしょうか?

そんなツールなんか考えたことありませんでしょたが、
ひょんなことから「ブログエディタ」なるものが存在していることを知りました。

なかでも無料で簡単に入手できて評判の良いのが、
「ScribeFire」とマイクロソフトの「Windows Live Writer」です。

本記事では、このうちの「ScribeFire」について、使い方をご紹介します。

ブログエディタを使えば、
テキストエディタで編集するように記事が書け、
投稿の手間を大幅に削減することができます。

これで、ブログ放置の理由が一つ無くなりましたね。


1 ScribeFireとは

ScribeFireは、ブラウザ上で動作するタイプのブログエディタです。

以下に示すブラウザに対応しています。

Firefox
Google Chrome
Opera
Safari

これらの拡張機能として使用することができます。

Windowsのみならず、MacやLinuxユーザーも普通に使用することができます。

①~④の対応するブラウザ名のハイパーリンクをクリックすれば、
ダウンロードサイトへジャンプするようになっています。


2 Scribe Fireの特長

(1)多くのブログに対応

ScribeFireは、下に示す数多くのブログと連携させることができます。
ScribeFire上で書いた記事を、そのままブログに投稿するということができます。

① WordPress
② FC2ブログ
③ Seesaaブログ
④ ヤプログ
⑤ Blogger
⑥ So-netブログ
⑦ dtiブログ
⑧ tcup
⑨ gooブログ
⑩ 269g
⑪ ドリコムブログ


(2)動作が軽快

WordPressのビジュアルエディタは時々動作が重くなりイラつくことがありますが、
ScribeFireは全くそういうことがありません。

ブラウザで使用しているとは思えないほど快適に文章入力ができます。


(3)記事を自動保存してくれる

書いた文章は自動保存してくれるので、
いきなりブラウザを閉じてしまってもゼロから書き直しといったことはありません。


(4)マークダウン記法に対応

Markdown記法に対応しています。

Markdown記法というのは、例えば見出しにしたい部分を、

と書くと、投稿後自動で

のように変換してくれる記法です。

これにより、面倒なタグ打ちを大幅に軽減してくれるため、
作業効率が大幅にアップします。

Markdown記法については、次の記事をご参照ください。

Markdown記法について

Markdown記法について




3 ScribeFireの基本的な使い方

ScribeFireは、図3-1に示す赤枠のツールアイコンをクリックすることで開始します。

01_ScribeFire



図3-2に示す、初期画面が開きます。

02_ScribeFire

3.1 ブログを登録する

まず、最初にブログを登録しなければなりません。

左上の「新しいブログを追加」から自分のブログを登録します。
わかっている範囲で、表3.1-1に各ブログの設定値を示します。

03_ScribeFire

※ クリックすると、図が拡大します。

04_ScribeFire



3.2 記事を書く

(1) 新規記事の投稿

新規記事は、「Start a New Post」をクリックして、作成します。

05_ScribeFire

WordPressのビジュアルエディタのように、
視覚的に編集をすることも可能です。

テキストエディタのようにHTMLで編集することもできますし、
Markdown記法で入力することもできます。

06_ScribeFire

※ クリックすれば、図が拡大します。



(2) テンプレートを使用することもできる

もしブログで定型文を使用している人は、テンプレートを設定することもできます。

サイドバーの「Save Current Post as Temprate」をクリックすると、
現在記事内に書かれている文章がテンプレートとして登録されます。

07_ScribeFire

次回からは「Select a Template」から保存したテンプレートを呼び出すだけです。


(3) カテゴリー・タグを設定する

投稿する記事のカテゴリやタグは、サイドバーから設定できます。

カテゴリは、連携したブログに存在するカテゴリーが表示されるようになっています。

08_ScribeFire



(4) 記事を投稿or保存する

記事を書き終えたらそのまま投稿する場合は「Publish Post」をクリックします。

下書き保存する場合は、「現在の状態を保存」を選びます。
サーバー上に「下書き」として保存されます。

09_ScribeFire

※ クリックすれば、図が拡大します。



(5) 投稿済み記事もScribeFireで再編集できます

POSTの下のテキストボックス右の▼をクリックすると、
投稿済み記事のリストが表示されます。

一つを選ぶと、「段落の内容」に投稿済み記事の内容が表示されます。
ここで、編集し直し、再投稿することができます。

10_ScribeFire

※ クリックすれば、図が拡大します。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ

Top