SEO内部対策

スポンサーリンク




SEO内部対策とは
検索ユーザーから見ても、検索エンジンから見ても使いやすいサイトを作ることです。

難しいテクニックや技術など施さなくとも、
少ないクリックでサイト内の重要なページ全てにアクセスできるようにすることと、
それぞれのページの内容を分かりやすく解説して配置することが
最善の策です。

本記事でお伝えする内部対策を徹底して行い、
その上でライバルサイトよりも圧倒的に良質なコンテンツがあれば、
それだけで上位表示が達成できるようになります。


Contents

1 概要

本記事では、SEOの内部対策でやるべきことをご紹介します。

図1-1に、SEO内部対策の概要を示します。

MapSEOInnerCountermeasure
図1-1 SEO内部対策

※ クリックすれば、図が拡大します。


2 クローラーを呼び込むための施策

SEOが重要と言っても、
そもそも検索エンジンにデータが登録されてなければ意味がありません。

Googleなど多くの検索エンジンでは、
自分たちの検索データベースに、世界中のホームページのデータを常に蓄えています。

そのような限定的なデータから検索をするので、
高速に私たちに検索結果を示してくれるようになっています。

つまり、そもそも彼らのデータベースに登録されていなければ、
検索結果に出ることはありません。

Googleなどの検索エンジンがホームページを巡回しデータを蓄積しやすくする、
その巡回のしやすさをクローラービリティといいます。

クローラービリティを向上させることは、SEOに貢献すると考えられます。


2.1 クローラービリティを向上させる


2.1.1 外部サイトからのリンクを作る

クローラーは、リンクを辿ってホームページをクローリングしています。

そのため、
外部のホームページからリンクを張られていると
そのリンクを辿ってホームページを認識してくれます。


2.1.2 Google Search Consoleからサイトマップを送信する

Googleが提供しているGoogle Search Consoleには、
ホームページにどんなページがあるのかをGoogleに知らせる
サイトマップ送信機能」があります。

これを使って、Googleにページの存在を伝えクローリングしてもらうことが出来ます。

Google Search Consoleの登録、およびサイトマップの送信については、
次の無料レポートをご参照ください。


【SEO対策とウェブマスターツール入門】
あなたのサイトのアクセスがアップする方法、
そしてウェブマスターツールの導入方をお伝えします。

第4章 ウェブマスターツールの使い方

【SEO対策とウェブマスターツール入門】 あなたのサイトのアクセスがアップする方法、そしてウェブマスターツールの導入方をお伝えします。




2.1.3 Google Search ConsoleのFetch as Googleを活用する

Google Search Consoleにある「Fetch as Google」は、
Googleにクロールを促すことが出来る機能です。

これを活用することでクローラーを呼び出すことができます。

01_seo_inner
図2.1-3 Fetch as Google



2.2 クローラーがホームページに来てくれているか確認する方法

実際にクローラーを呼ぶためにサイトマップなどを送信しても、
来てくれるかどうかはGoogle次第です。

あくまでもシグナルをこちらから送るだけなので、
実際にクローラーがホームページに来てくれてインデックスされているかは、
自分で調べなければわかりません。

全然アクセスが伸びない場合は、クローラーがまだ来ていない可能性もあります。

そんな時は、Googleの検索エリアで「site:検索で確認できます。

クローラーがインデックスしていると、図2.2-1に示すような表示になります。

02_seo_inner



3 クローラーがサイト内を回遊しやすくするための施策

一度クローラーがサイト内のどこかのページに辿り着くと、
そこから内部リンクを通じて、サイト内の別のページにも巡回してくれる
ようになります。

その時に有効な手段が、本章で示す施策です。

基本的なことばかりですが、
既にクローラーが頻繁に巡回するようなサイトになっている場合は、
これらを徹底するだけでSEO効果が改善します。



3.1 2 クリック以内に全ページへアクセスできるようなサイト構造にする

サイトは、図3.1-1のように3階層の構造を心がけましょう。

このように、
トップページからサイト内の全てのページに
2クリック以内で行けるような構造になっていると、
クローラーが隅々まで巡回しやすくなります。

03_seo_inner

また、カテゴリーはキーワードを基に設定すると、
SEOで最大の恩恵を受けられるようになります。

カテゴリーを決めるには、
面倒臭がらずにSEOキーワードをしっかりと調べてからに
するように心がけましょう。

手間はかかるかもしれないが、その分、十分な見返りを得られるようになります。



3.2 パンくずリストを設定する

パンくずリストがあると、
クローラーが現在サイト内のどの階層にいるのかを認識できるようになります。

その結果、クローラーの回遊率が上がります。



3.3 ナビゲーションメニューをテキストで設定する

サイトのナビゲーションメニューを画像で設定されているサイトは多いですが、
SEO的な観点ではオススメできません。

現状では画像リンクよりもテキストリンクの方が、
クローラーの回遊性が高いとされているからです。



3.4 ページネーションは数字で設定する

ページネーションとは、
ブログやサイトの下部にある過去記事を読むときに使うボタンです。

← 古い記事 新しい記事 →」のようにするのではなく、
数字のページネーションを実装しましょう。

04_seo_inner

こちらの方がクローラーは全ページに巡回しやすくなります。



3.5 重複ページを解消する①(wwwの有無の統一)

サイトURLは、wwwを含むバージョンと含まないバージョンの2通りがあります。

もし、Googleで「site:“あなたのサイトドメイン”」と検索した時に
出てくるページのURLで、
wwwがついているものとついていないものの両方が表示されるようなら、
重複コンテンツと見なされており、SEOでマイナス評価を受けている可能性があります。

Search Consoleでダッシュボードにログインした後、
右上の[設定]→[サイトの設定]をクリックします。

下の画面が現れるので、www有り無しのどちらかを選択して保存します。

05_inner
図3.5-1 使用するドメイン

また、
この設定をした後は、
使用しないドメインから301リダイレクトを使って
使用するドメインにリダイレクトするようにしましょう。

さらに、内部リンクを絶対パスで設定している場合は、
www有りのURLとwww無しのURLが混同していないかを確認して、
全てを上で設定した方に変更しておきます。

301リダイレクトについては、
下に示すページをご参照ください。


.htaccessを利用して301リダイレクトを行う方法

Apache “.htaccess”を利用して301リダイレクトを行う方法




3.6 重複ページを解消する②(タグの改善)

サイト内にタイトルやdescriptionタグが重複しているページがあると、
SEO的にマイナスになってしまいます。

特に商品点数の多いECサイトではありがちです。

Google Search Consoleに入って、
左メニューから[検索での見え方]→[HTMLの改善]とクリックしてみます。

そうすると、以下のようにタグの改善点が表示されます。

06_seo_inner
図3.6-1 HTMLの改善

青字の部分をクリックしていくと、
具体的にどのページが重複しているかが分かります。
その情報に沿って一つ一つ改善していきます。

また、ECサイトで同じ商品を紹介するページなど、
どうしても内容が重複するページが存在する時は、
canonicalページを作って重複コンテンツの問題を解消します。


3.7 アンカーテキストを最適化する

外部・内部問わず、リンクを張る際に、

というタグを使います。

この「####」の部分のことをアンカーテキストと言います。

アンカーテキストはSEOに効果のある部分です。

クローラーはリンク先のページの内容をアンカーテキストを見て理解しています。

トマトソースのレシピを紹介しているページヘの内部リンクの場合を例に挙げてみましょう。

【良い例】

リンク先の情報がわかり、
かつ検索されそうなキーワードを含んでいますので問題ないでしょう。

【悪い例】

リンク先の情報も分からず、検索されそうなキーワードも含んでいません。

リンクはページ先の情報が分かるようなものにするのが良いでしょう。



3.8 外部リンクを改善する

外部リンクも、内部リンクと同様にアンカーテキストを適切に設定することが重要です。

それに加えて以下の2点にも注意しましょう。

 リンク先のページでリンク切れが起きていないかチェックする
アフィリエイトリンクやペナルティを受けているサイトへのリンクはNG



3.9 クロールが不要なページはrobots.txtで指定する

Googleにインデックスさせる必要のないページ
(=上位表示する必要のないページ)は、
クローラーが回らないように設定しましょう。

例えば、以下のようなページが該当します。

 サイト内検索の表示ページ
404ページ

設定方法は、次のページをご参照ください。


robots.txtの書き方

robots.txtの書き方




4 適切なインデックスを実現しよう


4.1 1ページ1キーワードで再設定を行う

一つのページに5つも6つも複数のキーワードでSEOを行うと、
そのページのテーマが薄れてしまい、
結果どのキーワードでも上位に表示されなくなってしまいます。

まず既存のコンテンツを全て見直して、
それぞれのページにキーワードリサーチに基づいた
最適なキーワードを設定するようにしよう。



4.2 見出しタグを最適化する

h1,h2…h6などの見出しタグは、
ランキングエンジンにページの構成を正しく伝えるために使うタグで
非常に重要度が高いです。

4.2.1 ページタイトルにh1タグを使う

ページタイトルには必ずh1タグを使うようにしましょう。

例えば、サイトのトップページはサイト名にh1を、
記事ページでは記事タイトルにh1を設定しましょう。



4.2.2 h1タグには必ずキーワードを入れる

h1タグには、そのページで上位表示を達成したいキーワードを入れましょう。



4.2.3 文中ではh2やh3を使い文章構造をハッキリさせる

文中では、h2h3などの中見出し、
小見出しを使って文章構造をハッキリさせましょう。

そうすることで、
ユーザーにとってもランキングエンジンにとっても見やすい構造になります。

結果、SEOにプラスの効果をもたらします。


4.2.4 見出しタグを不規則な順番で使用しない

h1の後にh4があり、その後にh3があるというように、
見出しタグの順番が不規則になっているとランキングエンジンが迷ってしまい、
そのコンテンツを適切に評価することができなくなってしまいます。

見出しタグは必ず規則的に使うようにしよう。



4.3 画像の利用を最適化する

画像は単なるコンテンツの構成要素としてではなく
SEO的にも重要な要素です。


4.3.1 画像のファイル名を設定する

画像に関しては可能であれば、
“image1.jpg”や“1.png”のような便宜的なものではなく、
それぞれに個別のファイル名を設定するようにしましょう。

画像のファイル名は、一つ一つの記事ページのタイトルのようなものです。

ここで、Googleの画像検索で検索頻度の高いキーワードをファイル名にしておくと、
画像検索された時に上位に表示される可能性が高くなります。



4.3.2 alt属性を設定する

alt属性とは、画像に設定するdescriptionタグのようなものです。

ユーザーが画像を表示しない設定にしていたり、
スクリーンリーダーを使っている場合は、
alt属性に入力しているテキストが表示されます。

直接的なSEO効果はないので、
優先順位は先に述べたことに劣りますが出来れば設定しておきましょう。

また画像リンクの場合、このalt属性がテキストリンクでいうアンカーテキストに相当します。
その場合は適切なテキストを入力するようにしましょう。


4.4 大前提は良質なコンテンツ

ランキングエンジンは、
今ではほぼ純粋にコンテンツの質のみで検索順位を決めるようになってきています。

つまり、本記事でお伝えした内部対策を徹底して行い、
その上でライバルサイトよりも圧倒的に良質なコンテンツがあれば、
それだけで上位表示は達成できるでしょう。

逆に、ここでお伝えした全ての施策を施しても、
現状のコンテンツが貧弱であればほとんど意味がありません。

あなたが本気でSEOを攻略したいのであれば、
最も時間をかけるべきは圧倒的に良質なコンテンツの作成だということを改めて認識しましょう。


参考図書

以上



[adroate group=”4″]


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top