【だれにでもできる読みやすい文章術】 漢字は開くと、読みやすくなります。 でも、やみくもに開けばいいわけではありません。 – 無料レポート版

スポンサーリンク




【無料レポート概要】

「Webのテキストは、見づらい」と、
思われている方も多いのではないでしょうか。

紙に印刷された文字よりも読みにくい、ということなのです。
きっとあなたにも、思い当たる節があると思います。

確かに、
PCのディスプレイはまぶしいし、
基本的に文字はドットの集合なので、不鮮明。

さらに文字間・行間が詰まったデザインなら、
読む気なんて一瞬でどこかに飛んでいってしまいます。

訪問者は、
それが興味のある内容でも、がんばってまでは読みたくないのですよね。

でも、
興味がある上に“ラクに読める”なら、読んでもらえる可能性は、
グッと高まります。

だから、訪問者が読む前に
「この文章は読みやすいぞ~」と教えてあげることが大事になってきます。

では訪問者は、どこでそれを判断しているかというと、
「漢字と仮名(ひらがな、カタカナ)のバランス」です。

本レポートでは、
どんな場合に漢字で書き、どんな場合にはひらがなで書くべきか、
その指針を示します。




こちらで、この無料レポート全ページをお読みいただけます。





ダウンロードをお望みの方は、こちら↓からダウンロードできます。

9




【参考図書】











スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top