【CSS入門】 CSSは、自分でコーディングする必要はありません。 コピペで利用できるようになりましょう。

スポンサーリンク



無料レポート概要

ウェブページを作成するときに、
構造とスタイルを切り離すことは重要なことです。

テキストや画像等はHTMLで構造化して、
それらをどのように装飾/レイアウトするかというスタイルの制御は
CSS(Cascading Style Sheet)という言語で行います。

構造とスタイルを切り離すことで、
構造化したテキストや画像等には触らず、
デザインだけを一括で変更することができるなどの利点が生まれます。

本レポートでは、
スタイルを書く文法について少しだけ、
そしてスタイルを適用する方法についてご紹介します。

できればよく使う文字の装飾とボックスについてのプロパティについて
触れたかったのですが、
時間的都合により第2弾として発行したいと考えています。

 

CSSをコーディングすることは、
ウェブデザイナーやプログラマーではない
わたし達ブロガーにとっては非常に難しいことです。

検索してみると、
ウェブサイトには使ってみたいサンプルCSSコードがたくさん見つかります。
わたし達非ウェブデザイナーは、
一からCSSコードを書くのではなく、
それらを積極的に利用できるようになりたいものです。

コピペで利用するとはいっても、
CSSがまるでわかっていないとそんなことはできません。

本レポートでは、

ウェブからたくさん見つかるCSSコードを
利用できるだけのCSSの知識を授けたいと思っています。



こちらで、この無料レポート全ページをお読みいただけます。



ダウンロードをお望みの方は、こちら↓からダウンロードできます。

9



参考図書




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ

Top