【WordPressセキュリティ対策】 やっておくべき11の対策 Vol.2

WordPressは、オープンソースで、
最も利用者の多い
CMS(Content Management System: コンテンツマネジメントシステム)です。

オープンソースで利用者が多いゆえ、脆弱性が発見されやすく、
悪意をもった者の標的になりやすいといった側面があります。

そのため、WordPressを利用しているサイト運営者は、
セキュリティ上の問題を決しておろそかにせず、
自ら対策を講じることが大事になってきます。

本レポートでは、
やっておくべきセキュリティ対策を11に整理してみました。

量が多くなったため、2分冊に分割としました。

第一分冊では、次の対策について示しました。

(1) テーマやプラグインは、WordPress公式のものを利用する
(2) WordPress本体やテーマ・プラグインは、最新版にしておく
(3) WordPressのバージョン情報について
(4) 「wp-config.php」を、アクセス不可に設定する
(5) データベーステーブルのプレフィックスを、
デフォルト値から変更する
(6) 「Akismet」プラグインを利用して、
スパムコメント対策をする
(7) ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)への4つの対策

本レポートは、第二分冊目です。
本分冊では、以下の内容となっています。

(8) Web独自の攻撃手法
(SQLインジェクションやクロスサイトスクリプト等)に
対して、対策しておく
(9) WordPressの管理画面とログイン画面をSSL通信に設定する
(10) WordPressのセキュリティ関連プラグインについて
(11) バックアップをとっておく

ここで、無料レポート全ページをお読みいただけます。



ダウンロードをお望みの方は、こちら↓からダウンロードできます。


9

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top